皮膚病から大切な愛犬を徹底的に守る極意とは

犬

信頼できることが大切です

人気の犬種であるチワワを繁殖しているブリーダーは数多くいますが、販売には動物取扱業への登録が必要です。適正な事業者であることを判断するために、登録免許証を確認することは大切です。訪問すると、性格や容姿を考慮しながら選べます。

店舗とブリーダーの違い

犬の販売店にはペットショップとブリーダーの2つがあります。ペットショップはとりあえず購入したいという場合に、ブリーダーは犬種などが明確で血統や毛並みなどに徹底的にこだわりたいという場合にオススメです。

自然治癒力は食事で高める

男性

気楽に手づくり食

犬はアトピー性皮膚炎を発症しやすく、その他の皮膚病にもかかりやすい傾向にあります。愛犬が痒がっていたり皮膚に出来物が出来ていたりしたら皮膚病の可能性がありますので、動物クリニックへ行って相談することが望ましいです。ただし、クリニックの治療も対症療法なので、愛犬の自然治癒力を高めるべく飼い主が工夫してあげることが大切です。皮膚病になってしまったら飼い主としてもショックかもしれませんが、バランスが崩れていますよ、という体からのサインでしかありません。東洋医学における皮膚病は、胃腸の調子が悪いというサインです。毎日きちんと排便があっても、体に不要なものが必ずしも排泄されるとは限らず、蓄積された不要物はどうにか排出しようとして皮膚や汗腺などの経路を選ぶ場合があります。自然治癒力を高めるには、毎日のご飯を手づくりしてあげることが近道となります。市販のドッグフードには添加物が含まれていることが多く、それらが体に悪影響を及ぼしている可能性があるからです。犬は元来肉食獣でしたが、人間と暮らすうちに雑食に変化していったと考えられています。動物性たんぱく質を主食として野菜や穀物、海藻類を加えた食事がいいでしょう。人間同様多種類の食材を使うように心がけます。飼い主の食事のついでに作れば負担は少ないでしょう。塩分などの調味料や玉ねぎなどの犬にとってのタブー食材に気をつけるだけで、気負う必要はありません。毎日きっちりしすぎると疲れて愛犬にも飼い主のストレスが伝わってしまうので、自分を追い詰めないようにしてください。

ペットの亡骸の処理

ペットの亡骸の処理方法として、多くの飼い主が業者によるペット火葬を選んでいます。腐敗や異臭といったトラブルが発生しにくいからです。中には、火葬車による指定場所での火葬や、葬儀や埋葬、遺骨の加工なども行う業者もいます。料金もそれぞれ異なっているので、確認した上で依頼することが大事です。